無料相談|不動産投資、不動産トラブル各種お悩み相談ならボイス

一般無料相談
03-6426-5444

不動産専用無料相談
03-6893-5511

受付時間:平日 AM10:00~PM9:00/土日 AM11:00~PM7:00
※緊急が必要な場合は常時受け付けています。

ボイスについて

一般社団法人ボイスは専門カウンセラーのいる無料悩み相談所です。

人間関係、恋愛、結婚、金銭問題を始めとした人生の悩み、不動産トラブル、不動産投資など、さまざまな悩みをお持ちの皆様に必要なアドバイスやカウンセリングを行う、非営利団体である一般社団法人が運営する無料相談所です。

無料トラブル相談受付種目 

現在ボイスの無料相談で受け付けている主な相談内容の一覧です。

不動産トラブル・投資無料相談

ご相談の実例 

実例1|不動産トラブルの相談

亭主関白な浮気夫と離婚するかどうか悩んでいたところ・・・

30代女性相談者
続きを読む

実例2|不動産トラブルの相談

妻から突然「モラハラ夫」と呼ばれて・・・・

20代男性相談者
 

実例3|不動産トラブルの相談

元カレからのストーカー行為にどうすれば・・・

30代女性相談者
続きを読む

実例3|不動産トラブルの相談

ワンルームマンション投資が失敗したかも…?

40代女性相談者
続きを読む


不動産トラブル・不動産投資投資に関するコラム  


不動産トラブル相談の実例  投資・不動産ローン

当機構には不動産売買・賃貸借のトラブルに関して年間1万件以上の電話相談が寄せられています。消費者からの質問中多いものをご紹介致します。

実例3|不動産トラブルの相談

空室期間が6か月も続き、ワンルームマンション投資が失敗したかも…?

40代女性相談者
続きを読む

実例2|不動産トラブルの相談

突然の会社倒産で、住宅ローンを滞納し、このままでは競売を免れない…。 

50代男性相談者
続きを読む


不動産購入のトラブル相談例
    不動産トラブル相談1
  • 突然転勤が決まったので、手付金の放棄による契約解除を申し入れましたが、応じられないと断られた。
  • 分譲マンションを事情があり解除を申し入れましたが、不動産会社に「工事が進んでいるので手付解除には応じられないと断られてしまった。
  • 中古住宅を探すために不動産会社と媒介契約を結びましたが、媒介契約期間が終了後に自動更新されてしまった。
  • 不動産トラブル契約解除
  • 認知症の父が手持ちのマンションを不動産業者と売却の契約書を取り交わしてしまった。
  • 「ペットが飼えます」といわれてマンションを購入したが、実際はペット禁止だった。
  • 夫が病気になり入院、ローンが払えなくなってしまった。
  • 住宅ローンを借りる予定の銀行で審査に通らなかった。
  • 購入した中古物件にシロアリがいた。
  • 手付金を支払った後に、不動産会社が倒産してしまった。
  • 建築条件付の土地を購入したが、建物費用を合算した金額を基にした仲介手数料を請求された。
  • 相続した土地を売るか、アパートを建て、不動産収入を得るか迷っている。
不動産・賃貸物件のトラブル相談例
    不動産賃貸物件のトラブル 
  • 契約更新を拒否された。
  • 更新に伴う家賃・管理費の値上げを一方的に通達された。
  • 入居時にあった傷・汚れの修繕費を請求された。
  • 多額の退去費用を請求された。
  • 10年間住んだアパートを退去したが、敷金全額をクロスの張り替え代等で全額相殺するため、返金できないと言われた。
  • 先日、ペット可の賃貸マンションを退去したが、ペットの消臭作業代とハウスクリーニング代を請求されたが納得いかない。

不動産トラブル・投資無料相談2

不動産売却のトラブル相談例
    不動産売却のトラブル相談2
  • 買主の自己都合で、契約後に解除を言い渡された。
  • 不動産が古くて売れない。
  • 他人地の下水排水移管が売却地の下を通っており、このような不動産を売却するにはどうしたら良いか。
  •  土地の中に自分では知らない埋設物があり、その撤去費用を求められた。
  • 不動産屋から「仲介手数料は無料」と言いながら、「コンサルタント料」などの別項目で高額な費用を請求された。 
不動産・貸主側のトラブル相談例
    不動産のトラブル|アパート、マンション経営1
  • 地代や家賃を滞納していて、滞納しているそれらを支払ってもらい出て行って欲しい。
  • マンションの管理費を支払わない居住者がいるが支払わせることはできないか。
  •  問題のある移住者の契約を更新を断ったが、出て行ってくれない。なんとか立ち退かせたい。
不動産投資や運用におけるトラブル相談例
    不動産トラブル、不動産運用、投資トラブル1
  • 運用不動産の家賃が築年数と共に下がってしまい、毎月の持ち出し金が増えて返済が苦しい
  • 投資物件の利益より持ち出しが多く、赤字。このままだとローンを支払えなくなる。
  • 空室・修繕費などで、投資物件が赤字である。 
  • SNS・Webサイトで知り合った方から良い資産運用があると言われ投資マンションを購入してしまった。
  • 勧誘された時に受けた説明と物件購入後の収支が全く違うい、投資物件としてのあてが外れてしまった。
  • 投資物件を売却したいが残債が売却金額を上回っているため売るに売れない。
  • 不動産トラブル、不動産運用、投資トラブル2
  • 強引な勧誘で投資物件を購入してしまったが解約したい。
  • 現在持っている投資用に購入した物件評価額を知りたい、将来的な運用シミュレーションをしてみたい。
  • 分譲会社の管理なら安心だと思ったらずさんだった。
  • 空室保証の契約を切られてしまった。
  • 業者の販売内容、契約内容、勧誘方法に不信感を持っている。
  • 業者が倒産したり担当者が退職してしまい連絡が取れなくなった。

法律相談は非弁行為にあたるため、ボイスでは行っておりません。また、特定の専門家を紹介することは非弁活動のために当サイトでは行っていません。


一般社団法人とは

「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年法律第48号)」 に基づいて設立された社団法人のことをいいます。 一般社団法人は、非営利の法人です。 「非営利」とは営利を目的としないことです。 では、そもそも「営利」とは何かと言えば、構成員に剰余金を分配することです。 株式会社の場合、生じた利益は株主に分配(配当)されます。 株式会社は、剰余金を分配するための法人なので営利法人です。 その反対の意味で、剰余金を構成員に分配しないことを、 法律上の概念では「非営利」と言います。 つまり、一般社団法人は、構成員に剰余金を分配しないという意味で非営利の法人です。

NPO法人と一般社団法人の違い

設立に時間的・人員的制約が掛かるものの、設立後に補助金やサポート、 税制優遇を受けられやすいのがNPO法人。 逆に設立費用がかかり、設立後の外部支援を受けにくいものの、 設立に必要な時間・人が少なく、比較的自由に活動できるのが一般社団法人です。 補助金やサポートプログラムのような外部支援をとるか、活動の自由さをとるか、が大きな違いといえます。

お知らせ・更新情報 What’new

不動産トラブル専用お問い合わせ
その他のお問合せ